7月5日(日)のニュース

新座市長選挙 開票結果

新座市長選挙【選管確定】   
【当選】並木 傑(無・現)  30048   
朝賀英義(共産・新)  12119   
投票率 31.65%

大野知事「連携し感染対策強化」 3知事が西村大臣と会談

大野知事は5日、神奈川県知事、千葉県知事、それに西村経済再生担当大臣とテレビ会議を開き、接待を伴う飲食店への検査体制の拡充など感染対策を強化することで合意しました。

また、厚生労働省の接触者アプリに加えて県独自のシステムを使い感染者との接触を通知する仕組みを導入すると発表しました。西村経済再生担当大臣「若い人の感染が増えて病院がひっ迫している状況にはないので外出自粛の再要請の段階ではない。接待を伴う飲食店での対策が肝になる」テレビ会議のなかで大野知事は、県内の1週間の感染者数が100人を越え、半数ちかくが都内に行った人や接待を伴う飲食店の従業員やその家族であることを報告しました。接待を伴う飲食店への課題は3県共通で、積極的に検査をすることなど感染対策を強化することで合意しました。

一方、さいたま市のキャバクラ店でクラスターが発生していることを受けて県は、市に対して検査を積極的にすることを要望しています。

県は不特定多数の人が利用する施設や店舗、そしてイベントで感染者との接触が疑われる登録者に無料通信アプリ「LINE」で通知するシステムを今月10日に導入することを明らかにしました。

一方、「現段階で緊急事態宣言を発令する必要はない」とした西村大臣の認識に対し、大野知事は次のような見解を示しました。大野知事「感染が急激に拡大する場合は楽観的になるべきでない。今後、必要な場合は宣言の発出を求めたい」

さいたま芸術劇場 4か月ぶりに荘厳な音色

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、6月1日まで臨時休館していた彩の国さいたま芸術劇場でおよそ4か月ぶりに公演が行われました。

5日は、検温やマスク着用にくわえ、来場者がチケットを自分でもぎ取ったり、座席を半数以下にするなど感染対策が講じられました。公演を行ったのは、チェンバロとオルガンの演奏者、大塚直哉さんで音色の異なる2つの楽器でバッハの名曲を演奏しました。

和光 盗難車の男性遺体 19歳少年を殺人容疑で再逮捕

和光市で5月、盗難車から男性の遺体が見つかった事件で、警察は、死体遺棄の疑いで逮捕した19歳の少年を殺人の疑いで5日、再逮捕しました。

再逮捕されたのは、東京都台東区の19歳の少年です。少年は、ことし4月、東京都板橋区のマンションの一室で、住所・職業不詳の岩渕和政さん31歳の上半身を刃物で複数回刺し殺害した疑いが持たれています。

少年は、6月3日川越市の23歳の男と共に詐欺の疑いで逮捕され、6月13日には、死体遺棄の疑いで再逮捕されていました。岩渕さんと少年らは詐欺グループの仲間と見られ、警察は、仲間内でのトラブルがあったとみて詳しい動機などを調べています。