議題「10年~埼玉県熊谷男児ひき逃げ事件~」について

放送日時令和2年4月2日(木)19:00~19:55

レポート提出者
放送番組審議会委員
髙橋 福八 委員長 粉川 洋子 副委 員長
田中 德兵衛 委員 榊原 明 委員
小島 康雄 委員 秋山 和憲 委員
町田 恭子 委員  

公表内容第385回放送番組審議会

新型コロナウイルスの影響で、会議の開催が困難なことから、
番組の自宅視聴によるレポート提出形式で、番組を批評いただきました。

今回の諮問次項は、「10年~埼玉県熊谷男児ひき逃げ事件~」についてです。

2020年4月2日(木)の夜7時から7時55分に放送した番組を各委員に自宅で視聴いただき、
番組への批評をレポート形式で提出いただきました。


委員からは、

  • 臨場感のあるドキュメンタリー報道で、許せない事件であると認識できる番組構成になっている。
  • 真の姿を映し出すことでお母様の事故への思いがストレートに伝わり、ドキュメンタリーとして素晴らしい感動的な番組になっている。
  • 社会問題を取り上げるというのは非常に難しいが、細かく追跡して色々な取材の映像が多く集めていた。
  • 番組として伝えたかったメッセージがあったなら、それは何だったかが明確に分からなかった。
  • 1時間の番組時間をドキュメンタリータッチでうまく構成いることから、この事件を知らない方にも分かりやすく事件の全容を伝えられている。
  • 事件を絶対風化させないというメッセージが十分伝わってくる内容だった。
  • 解決に繋がればという一人ひとりの気持ちが動くような仕上がりになっていて素晴らしかった。

などのご意見やご感想をいただきました。

テレ玉では、審議会の貴重なご意見をこれからの番組づくりに活かしていきます。
議事録の閲覧をご希望の方は、テレビ埼玉編成局編成部までお申し出ください。