あいのことば ~編集後記~ -テレ玉アナウンサー 宮田 愛子のブログ-

アナウンサーブログ

2020.06.08

先日のニュース545「おうちごはん」の企画で、私がプライベートでも足しげく通わせてもらっているお店、浦和市仲町にある「こもれび食堂+(プラス)」のお持ち帰りボックスを取材しご紹介しました。写真は、プライベートで訪れた際のもの。

 

 

管理栄養士の資格を持つシェフの中林敏子さんと、接客を担当する旦那さんの公人さん。

お二人の温かい人柄と、「身体にやさしいものを食べてもらいたい」という思いやりはまさに木漏れ日のよう。

彩り豊かな安心安全な食材を、ていねいに天然のだしで味付け。噛みしめるごとに広がるその味わいが、身体のすみずみまでキレイにしてくれそうです!

 

 

 

また私がこのお店に通うようになった理由として、「仕事帰りに子供の面倒を見てくれている夫と子供に食べてもらいたいから」という思いがありました。

このお持ち帰りBOXのおかずは2歳の子供も喜んで食べてくれ、バランス良く栄養が取れて大変助かります。普段はこんなに品数多く、手間暇かけた野菜料理を食べさせてあげられないですし…!

実際、お客さんたちには「休校中で給食がないのですごく助かる。子供と取り合いになりながら食べています」というお母さんや、「妊娠中でお腹が重く、長時間キッチンに立てないので助かる。栄養が子供に行き届く感じがします」というプレママさんがいらっしゃいました。

 

緊急事態宣言が明けた後もこのお持ち帰りBOXの販売は続けていて、座席数を減らすなどしながら徐々に通常の状態に戻して行くと話すご夫婦。

浦和にお越しの際はぜひ皆さんも召し上がってみてください。まだまだコロナウイルスの感染に油断大敵のこの時期は「免疫力アップ」を意識して献立を考えてくださっているそう。きっと美味しく元気をチャージできるはずです!