あいのことば ~編集後記~ -テレ玉アナウンサー 宮田 愛子のブログ-

アナウンサーブログ

2020.06.01

先日のニュース930では、幸手市にある病院「ワイズレディスクリニック」の取り組みを取材してご紹介しました。

クリニックが新たに導入した新生児用のフェイスシールド!

理事長の瀬川裕史さんが、病院に来ていたお母さんが手作りで赤ちゃんにフェイスシールドを着けていたのを見て、導入をひらめいたそうです。

「やっぱりお母さんたちは不安なんだ。ならばそれを取り除いてあげるのが自分たちの仕事。」

愛知県にある会社から取り寄せ、5月から導入。お母さんたちの評判も上々なようです。

赤ちゃんを傷つけないよう縁をマスキングテープで覆ったり、呼吸に異常がないかどうかはセンサーでチェックしたりするなど細部にも気を遣っています。

 

思い起こせば私自身の妊娠・出産も一筋縄ではいかないことばかりでした。ただでさえ不安いっぱい、先が見通せないことばかりなのに、今年の妊婦さんはコロナウイルスの感染拡大により母親教室も中止になったり、立ち合い出産もNG、面会も通常通り行えなかったりなどその不安は想像以上だと思います。

ですから、入院中という短い間だけでもお母さんの不安を取り除く素晴らしい取り組みだと感じました。

 

 

理事長の瀬川先生は本も出版されていて、親になるのに大切な心得が綴られていました。「肩に力を入れすぎなくてOK!」と、妊婦生活や育児を楽しめる秘訣が盛りだくさんで、こちらも不安な気持ちを抱える人たちの強い味方になってくれます。お母さんだけでなくお父さんもぜひ一緒に読んでいただきたい一冊です。