報道・情報 スポーツ ドラマ アニメ バラエティ 音楽 ショッピング
番組審議会
会社概要 アクセス ニュースリリース 放送番組審議会 放送番組の種別の基準 放送基準 採用情報 環境自主行動計画 出演契約における反社会的勢力排除についての指針 青少年に見てもらいたい番組

議 題 「平成30年度下期編成」について

日 時 平成30年10月29日(月)

出席者
放送番組審議会委員
橋 福八 委員長 粉川 洋子 副委員長
今成 貞昭 委員 井山 剛之 委員
榊原 明 委員 秋山 和憲 委員
テレ玉
代表取締役社長 平本 一郎 常務取締役 真砂 和敏
編成局長 遠藤 圭介 編成局編成部長 出口 雅史 
               

公表内容 第371回放送番組審議会

はじめに、前回話し合われた、「バッハプラザ」について、橋福八委員長から「原案を適当と認めます」との答申をいただきました。

今回の諮問次項は「平成30年度下期編成」についてです。
編成局の出口雅史編成部長が、夕方報道番組「ニュース545」を15分番組から30分番組に拡大した経緯や狙い、ラグビーやサッカー、バレーボールといった、高校スポーツの決勝戦などの中継日程、今月から始まった卓球リーグ「Tリーグ」の中継予定などを紹介しました。

また、VTRを使って、2020年に開催する東京オリンピック・パラリンピックに向けて機運を高めると共に認知の向上を目的とした5分番組「埼玉で開催!Tokyo2020」やクイズ形式により、タイの観光スポットやグルメを魅力的に紹介していく「超特急と行く!食べ鉄の旅 タイ篇」などについて番組概要などを詳しく説明しました。

各委員からは、

  • ○高校スポーツの県大会やTリーグ等スポーツコンテンツが非常に充実している。
    パラリンピックを紹介することはスポーツを介して、小さな子供たちにも思いやりの心を育む良い取組なのではないか。
  • ○主婦層の立場から、15分の夕方ニュースは物足りなかったので、
    30分に拡大してもらった事は有難い。
  • ○自社番組の制作比率が30%を超えているが、他局に比べて高い方なのか。
    制作費もかかるが、視聴者ニーズを満たす番組をこれからも作って貰いたい。

等のご意見やご感想をいただきました。
テレ玉では、審議会の貴重なご意見をこれからの番組づくりに活かしていきます。
議事録の閲覧をご希望の方は、テレビ埼玉編成局編成部までお申し出ください。

放送番組の種別の基準
平成23年6月
株式会社テレビ埼玉
種別 種別の基準
報道 社会にとって重要あるいは関心のある時事的な出来事や動きを報じる番組。
教育 知見を広め、情操を豊かにし、倫理性を高め、かつ生活の向上を意図した番組であって、学校教育または社会教育に資することを意図した番組。
教養 知見を広め、情操を豊かにし、倫理性を高め、かつ生活の向上を意図した番組。だだし、教育に属するものを除く。
娯楽 スポーツ、音楽を含め、生活を明るく、楽しく豊かにすることを意図した番組。


通信販売 商品又はサービスの通信販売を目的とした番組。
その他 上記のいずれかにも属さないもの。