2018年度テレ玉新卒採用情報 ::> 先輩インタビュー! 技術局放送技術部 福ア 悠平
2013年入社 技術局放送技術部 福ア 悠平 どんな仕事をしていますか?

 スポーツ中継の制作技術や番組、CMなどを地デジの電波として視聴者へ届ける送信、映像・音声信号の監視を行うマスター業務に携わっています。
 中継業務では中継車周りの配線やイベントに応じた最良なシステムの構築、マイクロ伝送などを行っています。 技術者として万が一の放送事故に備え万全の注意を払った上で業務を遂行しています。

印象に残った仕事は?

 入社初年度の秋に茨城まで秋季関東高校野球中継に行きました。 そこで、まさかのカメラをやらせていただくことになりました。 それまでカメラを担当したことがなく、やる予定もなかったのですが、人手が足りず急遽私が客席の映像を撮ることになりました。 初めてのカメラ仕事だったので、選手を一生懸命応援している客席の姿を無我夢中で撮りました。 この時の放送はダイジェスト版で、自分が撮った映像が放送された時間は1秒足らずでしたが、 ホントに嬉しかったことを覚えています。番組は録画して何度も見返し、永久保存しています。

テレ玉に入って良かった!と思う事は?

 テレ玉の技術職は中継から送信、送出、制作技術、機材トラブルへの対応、保守・メンテナンスなど幅広く仕事を行います。-様々な分野での活動はやりがいがあります。初めは、わからないことだらけで覚えることも多く大変ですが、わからないことは優しい先輩方に聞けば丁寧に教えてもらえるので、1つ1つ出来るようになっていきます。そういった環境で働けていることに喜びを感じています。

こんな人大歓迎!

 番組を制作するにあたって、社内外を問わず多種多様なスタッフ、演者の方々と共に働くことが多いと思います。 そのため、仲間を大切に協力し合いながら仕事を楽しめる方、大歓迎です。

2015年度テレ玉新卒採用情報トップページへ